汚いものの正体・・

みなさま、こんにちは。

 

タイトルの通り、

 

汚いものといえば、何を思い浮かべますか?

 

ごみ、ほこり、排泄物、落ちだ髪の毛、食べ物の残りかす、腐ったものなどなど

 

読んだだけで、ううぅっっとなった方がほとんどでしょうか?^^

 

私もつい最近までそうでした^^;

 

 

私の頭の中の辞書、常識のリセットは、何年もしてきたつもりでしたが、まだまだでした。

 

何となく、そこは、見ないふりしていましたね^^;ごめんなさい。

 

 

全ての物質は、原子でできているということは、お話していますが、

 

汚いものも当然原子の集まりでできています。

 

原子は、原子核と電子があり、原子核の陽子の量と電子の量は同じ。

 

原子核は、中性子と陽子で構成され

 

中性子と陽子は、さらに細かい素粒子でできています。

 

素粒子には、意識と意志があります。素粒子の正体は、最小微生物と言われおり、現代量子物理学では、ソマチッドと呼ばれたりしています。

 

 

大いなる創造の元から生まれたこの素粒子たちは、調和がとれていて、

全一愛の意志をもって喜びの形態波動運動をして動いています。

 

物質化しているということは、存在したくて存在しているとも言えます。

 

汚いものが存在したいってどういう想いなのでしょう?

 

もとは、汚いものだったのでしょうか?

 

違いますよね。

ごみは、役割を終えたもの、新しく新化をする為光に戻る途中の存在。

 

もしくは、私たちにエネルギーを奪われ、形態波動が歪んでしまい、振動数が下がって、崩壊に向かっている存在。(全力でエネルギーをくれた存在)

 

汚いものって、ありがたい存在だったのですね・・。

 

汚いって言葉は、北ない⇒北に仏なし⇒北に光なしからきているのでは?という説もありますね。

 

漢字としては、さんずいに弓がそった形⇒水と曲がった弓で曲がった水からきたとされています。

 

つまりは、エネルギーがないという象徴でしょうか?

 

崩壊サイクルに向かっている存在ということは、

 

光に戻っている途中の存在。

 

すべては、この繰り返し。生まれては、戻り、生まれては、戻ってを繰り返している。

 

私たちも呼吸の度に、存在の世界と非存在の世界を行き来していると言われています。

 

汚いもののイメージ、少しは、変換できましたか?^^

 

 

循環サイクルの片側を現わしている存在。

 

全力で、私たちにエネルギーを注いでくれた存在。

 

有り難い存在。

 

 

トイレ掃除を手でする方たちがいますが、そういう想いをちゃんと感じることができるから、喜んでできるのでしょうね^^。

 

 

私たちは、ついつい汚いものって概念が頭にこびりついていて、条件反射のように、体が微妙に委縮してしまったりします。

 

 

何度も何度も、汚いものというレッテルを貼りつけた存在たちに、

 

ごめんなさい、ありがとう、光に戻って新化進化してください。と

 

今、この瞬間、愛という存在次元でコミュニケーションをする。

 

 

毎日、愛でコミュニケーションすることが増えていく度、

 

心が豊かになっていくのを感じられます。

 

 

みなさまも、ぴんときたら実践してみてくださいね。

 

 

 

たとえば、お金という存在。

 

 

お金大好きですか?と人から聞かれたら、何て答えますか?^^

 

大好きです!と胸を張ってなかなか言えない人が多くないですか?

お金大好きって言うと、心が汚いとか欲の塊みたいに見られそうとか・・。

 

お金ちゃんという存在もまた意識と意志があるんです・・。

 

調和のとれている意識と意志があります。

 

歪ませたのは、私たちの自我意識。

 

 

さて、どんな存在としての想いがあるでしょうか?^^

 

この存在としての想いを想像できたなら、

必要な時には、お金ちゃんという微生物が喜んで集まってきてくれるのではないでしょうか?

 

お金を単なる意識意志のない死に体のような扱いにしないであげてくださいね。

 

そして、おかねちゃんもまた進化発展していきたいのです。

 

存在を認め受け入れ愛のコミュニケーションをしていってください。

 

 

その他にも歪ませた物質存在たちに気づいたら、辞書を書き換え、

祝福して関わってみてくださいね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それでは、また。

 

 

 

Rayka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japan Energy-Body School
Japan Energy-Body School