内臓機能を可視光線から見た深い意味「赤色」編

みなさま、こんにちは。

月曜の朝は、とてもきれいな光が届いていたので、

コーザル体の浄化、昇華をしました。

この瞑想をすると、ハートセンターがより自由になっていきます。

魂の記憶は、コーザル体とつながっていて、

記憶を所有しているとハートセンターが重たくなったり、

ハートセンターの中に意識を置くのが難しいと感じます。

OVER THE PASSIONという感情浄化の講座では、

最後にこの瞑想をします。

日本人は、ハートセンターが活性化していない人が多いです。

早くから、思考を使った子育て教育をしてしまっているからだと思われます。

幼少期は、まずはハートセンターを育てること

ができれば、人生がより豊かになっていくので、

そういう育て方を応援できるような環境作りにも働きかけていけたらなと思っています。

また、このテーマについては、いつか書きます。


さて、
前回、黄色からのメッセージが伝える

胃の機能の象徴的意味をお伝えしました。

胃は、消化するところ


あらゆる全てを最初に受け止め、


融合してゼロ化させていく役割

をしてくれています。

現代人は、副交感神経の働きが落ちている人がほとんどです。


副交感神経が働いてくれていれば、

胃の機能も活発になります。

もしかしたら、消化できない、したくないことが多すぎたり、

受け身で受け入れてしまうことが多すぎて、

胃の機能がダウンしているので、

副交感神経の能力も落ちてしまうのかもしれません。


テレビからの情報過多を止めたり、

周りから聞こえる出来事の話を聞くのを止めたり、

過去や未来への失望、不安などを見るのを

お休みしてみたり

受け入れることを控えてみてくださいね。



今日の本題に入ります。

今日は、赤色のメッセージをお伝えしていきます。


赤と関連する臓器は、心臓、小腸(肌細胞)です。

血液を作ったり、循環させたりする役割がある器官です。

肉体が活動するための元が血液です。

最近、血液の中のミトコンドリアの働きがとても重要だと発表されていますね。

血液が、目に見える物質化したエネルギーなら、

その元には、必ず見えないエネルギーがあります。

それが赤色の光なのです。

赤色のメッセージは、

『命そのもの、光、生命エネルギー』なのです。


血液は、生命エネルギーの物質化したもの。

この生命エネルギーが身体全身を駆け巡り、循環していることが、元気で生きられる秘訣となるわけですが、

この働きを助けている代表が、心臓や、小腸となります。


ここで、少し数霊のお話になります。


心臓の脈拍数は、平均72と言われ、18の4倍です。

18という数字は、地球の呼吸の数と関係があるそうです。

世界中の大波小波の数が1分間に18回と言われ、

人の呼吸は9呼吸18回だそうです。

もっと、18と関連する生命の不思議が隠されていますが、


この事だけでも、

人は、地球の呼吸と同調して生かされているということになります。


ところが、頭の中に意識を置いている現代人は、


エゴ意識で生きている為、

生かされていることを忘れています。


呼吸も不自然に浅く、ズレてしまっていたりします。

自分で生きているような感覚です。


もっと、自我を捨てて、忘れて、


地球の呼吸と同調して生かされていることを感じてみると、

自然と心臓の働きもアップして、
命のエネルギー、血液も全身をスムーズに循環してくれるのではないでしょうか?

血液が、毛細血管の隅々まで循環すれば、お肌もツヤツヤトーンが上がります。


自我に振り回されている人は、

量子の場で観察すると、

情報場としての心臓の位置が下に下がっています。

だから、余計に呼吸が苦しくなり、ますます自分で何とかしようともがいてしまいます。

そんなときは、

1分間に9呼吸というリズムで呼吸し、

赤色の光が血液と共に全身を循環しているのを

イメージして、ゆったりしてみてくださいね。

イメージしているときは、自我をなるべく黙らせて、

地球に生かされている感覚でお任せするようにしてください。

いつもありがとうございます。


赤色からのメッセージでした。

追伸、
いつもは、火曜日blogアップしてますが、一足早く月曜夜アップし、日付を見たら、18日でした!

地球の呼吸と同調していました\(^_^)/





Japan Energy-Body School
Japan Energy-Body School