感情を握りしめていると老化します。

みなさま、こんにちは。

Energy-Bodyカウンセラー Rayka です。

 

今日は、感情エネルギーを所有することについて書いてみたいと思います。

 

感情って、自分の中からわいてくると思っていますか?

 

私もそう思っていました。

 

イラっとしたり、ムカっとしたり、悲しくなったり、うれしくなったり・・。

 

以前ブログで、感情は、出来事の結果をジャッジした時に味わうものです。

 

と書いたことがあると思いますが、

 

そのときお伝えしたかったことは、感情を基に次の行動を決めるなかれ。

 

でした。

 

行動するような出来事が起きるということは、それ以前にすでに意図があったから

であり、感情は、始まりではありません。

 

出来事に反応しているだけです。

 

出来事とは、終わったできごと。=意図によって、ゼロから創造された現象世界。

 

反応として感情を味わったら、さっさと手放しましょうということが

 

今日、一番お伝えしたい事。

 

悪いことだけじゃなく、良いこともですよ。

 

そして、その感情は、あなたの肉体からやってきたのではなく、

 

外からやってきたものなのです。

 

あなたの内臓に、パターン化された感情の周波数体があり、

 

出来事を体験した時に反応する内臓の周波数が発信源となって、

 

その感情エネルギーを外から手繰り寄せているのです・・・。

 

つまり、その感情は、あなたのものではないのです。

 

それなのに、自分の感情(所有欲)のように大事に味わいます。

 

もちろん、味わってもOKです。

 

食べ物と一緒。

 

でも、その感情エネルギーは、大抵、歪んだ形をしています。

 

普段、自我(エゴ)意識で生きている私たちは、偏ったジャッジしかできないようになっています。

 

二極の視点で、物事を判断します。

 

この出来事は、経済面では、ちょっとうれしい、とてもうれしい。

でも健康面では、しんどい、そうとうきついなど。

 

歪んだジャッジの基にやってきた感情エネルギーは、どうしても中立ではないです。

 

感情体の中に、内臓の中に、感情エネルギーを貯めていると、

 

肉体全体が歪んできます。悩みすぎたら、左側が重たくなったり、

 

怒りがつよければ、右上半身が闘うポーズのように歪んだり。

 

うれしすぎても、所有し続ければ、心臓あたりが浮ついてしまったり。

 

そして、その歪みは、どこかの筋肉を過緊張にさせ、血管をねじれさせ、血流障害へと発展させ、詰まり、滞り、悪循環にはまってしまいます。

 

また、感情を味わうと、ホルモンも分泌されるので、興奮してきます。

 

この興奮がやめられなくて、感情中毒者は、刺激的な感情エネルギーを引き寄せようとします。

 

みんな、感情=自分 になっていませんか?

 

あなたは、あなたの空間に、感情エネルギーを通過させただけ。

 

あなたの空間が、より細かい光のエネルギーで満たされていたら、歪みません。

 

物(物質エネルギー)が、たくさん溢れかえっている部屋だと、息が苦しくなってきて、身動きとれなくなってきませんか?

 

進化発展しようなんて意志も消えてしまいます。

 

動けなくなる、重たくなるということは、エネルギー振動数が遅くなるということ。

 

それは、老化していくということにつながります。

 

どうか、あなたの空間スペースに入ってきた感情エネルギーを所有しないでください。

 

その感情エネルギーも新しいエネルギーに変化したいと思っています。

 

今年は、これまで何十年と貯めてきた感情エネルギーという貯金を手放してあげてください。

 

うらみ、つらみ、嫉妬、くやしい、かなしい、こわい、不安、否定、など

 

見つけては、ありがとうと感謝し、味わいましたので、また新しいエネルギーに昇華してくださいと手放してあげてくださいね。

 

 

 

Japan Energy-Body School
Japan Energy-Body School