2019年のメッセージ

 

2018年、旧暦上は終わりをつげ

2019年という新たなステージが

幕を開けました。

 

急に、視界の雲が開けたような

 

一つステージが挙がったような

 

より、ゼロポイントから観察する視点が標準となったような

 

エゴという自我意識と同一化していた感覚から

よりリアルにスペースができている

 

そんな感覚がすでに起こっています。

 

おそらく、集合意識的にも

ステージをあげることができたからなのかも

しれません。

 

私の知らないどこかの愛ある皆さまが

ゼロポイントに立ち、

 

宇宙全体の弥栄繁栄の意乗りを

していただいているからでしょう。

 

 

おかげさまの想いでいっぱいです。

 

本当にありがとうございます。

 

 

この1年、私(自我意識の私)は、

私(自我意識)を手放す作業をとことんさせられた1年でした。

 

 

これまで、10年余り、

 

エネルギーボディを観察するテクニックを

使いながら、私(自我意識)の視点ではなく、

本質の私の視点(今から考えるとゼロポイントではなかったのですが。)

で、この世界で何を表現し、

何を創造していくのかを選択して生きてきました。

 

肉体の調整ももちろんですが、

人生の調整、選択、優先順位も

この観察テクニックを使って行い、

 

私(自我意識)の視点を

手放すという訓練?をしてきたのです。

 

なぜなら、

自我意識で選択してもうまくいかないからです(笑)

 

せっかちな自我意識を所有していたので、

スムーズに行く術を使いたかったのです(笑)。

 

傍から見たら、

その選択は、どういう理由でしたのですか?

とよく聞かれましたが、

 

直感です。

理由は、わかりません。

 

とお答えしてきました。

 

その選択をした時には、

部分しか見えていないので、

本当に良いのか?

(良い悪いはないのですが、

調和がとれているかとれていないかに近い意味です。)

 

と思ったりするのですが、

 

しばらくすると、あぁ、この選択だから

こうなって、スムーズにいくんだということが

わかるのです。

 

 

ところが、2018年は、この視点だけではスムーズに

現象が変わらないことが起こりました。

 

 

祖母の肉体死がきっかけで、

風邪をひいたのですが、

熱は、一日で下がり、

浄化が起きたのだくらいに

思っていたら、

 

その後、咳が3週間くらい続き

しかも人生で一番ひどい咳を体験しました。

 

祖母は、92歳で、

肉体を離れる直前も

一人でトイレに行けるほど健康で大往生でした。

 

だから、

そんなに何かを引きずるような感覚は

なかったのですが、

 

肉体次元と感情次元、思考次元の

受容&手放しを

 

様々な角度からしても、

私の咳は、一進一退で、あまり変わらず。

 

これは、

より深い次元での受容&手放しが

必要なのだと感じました。

 

 

何となく、方向性が見えたのが春のことでした。

 

それから、49日法要が6月中旬にあり、

その時にも先祖代々から

 

受け継がれている?

 

受け継がれてしまっている?

 

エゴ意識(自我意識)の受容&手放しを

させていただきました。

 

 

夏のお盆の時期には、

 

どこかに出かけた際に通るお墓の前で

 

エゴ意識(自我意識)の受容&手放しを

させてもらったりしながら、

 

また、深い観察意識を持っていらっしゃる

様々な方の

 

言葉

 

情報

 

からインスピレーションを

いただきながら、調整を深めていきました。

 

何を受け継いでいたのかについては、

いつか機会があればお話します。

みなさん共通のテーマでもあるようです。

 

 

 

今年大きく変化した調整についてですが、

 

これまでのenergy-body調整は、

 

過去創造したものは、

一旦横に置いておいて

 

新たな基準や意図に意識を置きかえる

 

ということを重点としたものでした。

 

 

肉体の調整で言うなら、

 

現在の状態を観察し

 

それに対して

新しい状態、

形、

本来の基準、

バランスのとれた運動、

すばらしい関係性など

基本10のパターンに変換させる

というような感じです。

 

そこには、ただ、基準を設定しなおすということに

重きを置いたものです。

 

自我意識による感情や思考が入らないので、

情報としては、ニュートラルな為、

反応は、早く現れます。

 

 

でも、それらの歪んだ状態、形(意識も含めて)

に対して、

まずは、生まれてきてくれてありがとう

という

 

祝福、

調和、

全一

に戻し、

 

ということを

しない調整でした。

 

一番の理由としては、

その物質エネルギーの元となっている原子核に

アプローチをしていなかったから

 

今までの調整は、ハート次元に

意識を置いて、

松果体を通して、

ニュートラルな観察意識で

基準となる設定をしていたからです。

 

 

 

新たに進化した調整は、

もう一つ深い次元

ハラ次元に意識を移動させ、

全ての原子核に対して

アプローチをします。

 

この次元からだと、

 

ゼロから生み出されたものを

祝福し

調和した全一に戻し

 

新化、進化、弥栄発展を

意図することが可能になります。

 

ゼロから生み出されたままで、

生まれ直したいのに

生まれ直すことが出来ずにいた

たくさんの物質意識エネルギーたち

 

物に対しても同じように

アプローチが可能になります。

 

『私』という空間スペースに

生まれ直せずにいる物質意識エネルギーたちが

いるというのは、

 

やはり、

不調和で重たい波動を放ちますので、

 

新しい調和のとれた基準をつくっても

また、少ししたら、

古い波動の影響を受けてしまします。

 

 

『私』という空間スペースに存在している

 

あらゆるエネルギーを

空っぽにすること

 

空っぽにしてあげること

 

この行為がとても大切だと感じています。

 

なぜなら、

 

空は、無。

 

無=ゼロ(0)無限

 

あらゆる可能性を秘めたゼロが

もっとも無限のエネルギーを秘めている状態です。

 

 

私(肉体、エネルギーボディ含む)たちは、

 

「私」(皆さまも含む)というエネルギーボディ空間に

 

ものすごい膨大な量の物質エネルギーを所有しています。

 

 

出来事、思考、ジャッジ、感情、人格、想いなど。

 

 

これは、自分だけでなく他人のものも含みます。(特に家族のものなど)

 

こんがらがって、所有し、握りしめていたりします。

 

 

それらを、良いも悪いも所有しているということは、

 

進化発展とは真逆の行為です。

 

所有すればするほど、

エネルギーは循環できなくなります。

 

お金もそうですね。

それを知っている経営者の方は、どんどん使うと言っていました。

 

 

その手放す際の注意点としては、

 

毛嫌いして否定しながら手放すのでもなく、

 

なくなってしまうという恐怖をもちながら手放すのでもなく、

 

幸せな記憶はなくしたくないという部分執着をしながら手放すのでもなく、

 

ゼロから生まれてきてくれてありがとう

 

私という空間スペースに

やってきてくれてありがとう

 

体験させてくれてありがとう

 

また、新しく生まれ変わって進化して発展してね

 

という意識で手放してあげる

 

ということ。

 

 

そして、もう一つの注意点は、

 

どの意識で、受容&手放しをするのか

 

 

私(本性)という存在の正体は、

 

自我意識ではなく、

 

肉体意識でもなく、

 

ゼロポイントに立つ 観察意識です。

 

 

自我意識は、

言葉(概念)を通して存在しています。

 

言葉による性格プログラム(データ)

 

出来事を言葉(概念)でジャッジして体験を

所有している意識体

 

ジャッジすることで、やってきた感情を味わい、

その感情エネルギーを

いつまでも私という空間スペースに所有している感情体

 

 

これらが合わさったものが自我意識

 

そして、この自我意識を自分だと勘違いし同一化しているのが、

 

常日頃の私たちなのです。

 

 

もし、日常に不平不満があり、

 

感情に振り回され、

 

過去の出来事に想いをはせ、

 

過去の出来事の清算、しりぬぐいばかりをし

 

未来に不安を抱いているのなら、

 

自我意識に同一化している状態です。

 

 

この状態では、

 

ゼロ=無限のエネルギーと分断されているので、

 

 

エネルギーが枯渇してしまい、

 

老化し、生きる気力が

どんどん失われていきます。

 

この自我意識から受容&手放しすると、

偏りが生じます。

 

 

ゼロポイントに立つ秘訣は、

 

へそにあります。

 

ハラ次元です。

 

 

おへそと背中の真ん中あたりにある

(詳しくは、講座で)

 

創造の元、ゼロポイントにある

最初の原子核に意識を合わせます。

 

そこから全てを観察していきます。

 

 

観察する為には、

自我意識からスペースをとる必要があります。

 

自我意識に同一化している時は、

 

意識が頭にあります。

 

 

頭にある状態で

観察すると、

自我意識と切り離せない為、

 

ニュートラルな状態ではなくなります。

 

 

ハラ次元にある

創造の元の原子核に焦点を合わせ、

 

原子核の形態波動を整えてから

生まれ直しや新たな創造が可能になります。

 

 

自我意識は、そもそ二極の視点をもち、

様々な情報エネルギーを

二極視点で有限意識の『言葉』

を使って表現している為、調和がとれていません。

 

歪んだ形態波動をしています。

 

歪んだ形態波動で

何かを創造(発動)しても

歪んだものが引き寄せられるだけです。

 

 

調和のとれた創造をする人たちが増えていくと

 

新しい次元で生きることが可能になることでしょう。

 

 

 

2019年は、いよいよ

 

皆さま自身で、ゼロポイントに立ち

調和のとれた全一の創造を発動していただく為に

 

新たに進化したenergy-body調整法を順番に公開していきます。

 

公開方法としては、

リトリート形式にする予定です。

 

遠方の方でも、参加可能な2泊3日のリトリートで

 

今世、過去世を含めた自我意識の

受容&手放し

生まれ直し

意乗り直し

ゼロポイントに立つ

 

本気の行為を実践していただこうと思っています。

 

 

覚悟のある方は、

 

ぜひ、挑戦してください。

 

弥栄発展繁栄の為に

 

ご協力くださいね(笑)

 

 

それでは、

 

2018年の御挨拶と2019年の意乗りを込めて・・。

 

このブログを読んでいただいた方

全てのエネルギーボディスペースが

宇宙と調和し全一なる形態波動で、

新化、進化、弥栄繁栄していますことを

お意乗り申し上げます。

 

 

 

 

Rayka

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japan Energy-Body School
Japan Energy-Body School