ある→なる→する

こんにちは。お久しぶりです。

 

5月に東京から福岡に引っ越しをして、

 

二か月が経ちました。

 

 

やっと、自分の仕事に少し時間を使えるようになりました。

 

 

いろいろ伝えたいことはあったのですが、

書けずにいました。

 

 

今、一番思うことは、

 

現実世界に満足していない人に共通するパターンについてです。

 

 

それは、ある→なる→する法則が

逆さまになってしまっているということです。

 

 

「ある」とは、目的の状態のことです。

 

 

どうありたいのかです。

 

あなたの夢見る世界がどうあるのかを明確にすること

 

 

 

「なる」とは、意志のことです。

 

どうなりたいのかです。

 

あなたの夢見る世界でどうなりたいのか?なっていたいのか?

 

 

 

そして、

「する」とは、行動のことです。

 

目的の状態をイメージし

どうなりたいかが明確になれば

 

 

その為に何をするのか?

 

 

 

このある、なる、するの順番が

逆さまだったり、むしろ、

することだけに意識がいってしまい

 

ある=目的が欠落しているのです。

 

 

 

彼氏をつくる(する)

 

 

幸せになる(なる)

 

 

 

 

で?

 

 

 

幸せになりたいのはなぜ?

 

 

 

 

 つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Japan Energy-Body School
Japan Energy-Body School