第二話 被害者意識の自分・5

 

 

被害者の自分

 

 

 

見つめて、会話する準備ができましたか?

 

 

 

さぁ、今から、ハートの空間に入って、

被害者意識の自分と会話をしていきましょう。

 

 

 

*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~

 

 

 

 

「 あなたは、

 

○○のせいで、

 

愛されなかったと思ったんだね。

 

 

 

でも、そこには、あなたの求めている愛はなかったんだよ。

 

 

 

○○のせいで、認めてもらえなくて悲しかったんだね。

 

 

 

でも、そこには、

 

あなたの求めている感覚(無条件の愛の感覚)はなかったんだよ。

 

 

 

 

 

勘違いして、

 

頑張るところを間違えちゃったね。

 

 

 

あなたの欲しいものは、

 

無条件の愛だよね。

 

 

 

調和と安心と、つながりの感覚が欲しかったんだよね。

 

 

 

 

 

産まれてくる前まで味わっていた

 

一つという感覚

 

 

 

何かをすることで、

 

手に入る感覚ではないんだよ・・。

 

 

 

 

 

そのまま、ここにあるんだよ・・。

 

よ~く観察してみて。

 

 

 

自分の内側を探してみて・・。

 

 

 

 

 

○○さんのこと

 

前の職場のこと

 

あの経験のこと

 

 

 

すべて、

 

それが原因で、

 

今、

 

不幸なんじゃないんだよ。

 

 

 

それが原因で、

 

満たされないわけじゃないんだよ。

 

 

 

偽物を追いかけていたんだよ。

 

 

 

○○さんが、変わっても、

 

 

 

謝ってくれても、

 

 

 

職場環境が改善されても、

 

 

 

組織体制が変わっても、

 

 

 

 

 

あなたの本当に求めているものは、

 

手に入らないんだよ・・。

 

 

 

 

 

さぁ、この必要のない感情を

 

握りしめている手を開いて、

 

地球にお返ししよう。

 

 

 

地球が、新しいエネルギーに変換して返してくれるから。

 

 

 

何十年も握りしめてきた

 

この必要のない感情、思考、ルールを

 

解放しよう。

 

 

 

お互いに偽物を求めて、奪い合ってきただけ。

 

○○してくれないから・・

 

○○がないから・・

 

条件付き愛を求めて、闘い続けた。

 

 

 

でも、

 

もうそんなことする必要ないということは、

 

わかったよね・・。

 

 

 

 

 

 

 

*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~

 

 

 

 

 

Let it go

 

ありのままでいいのよ♪

 

 

 

日本全国で聞こえてきます。

 

 

 

そう、無条件の愛の感覚は、

 

ありのままでいることに鍵があります。

 

 

 

 

 

あなたの求めているものは、

 

無条件の愛

 

 

 

その手段として、

 

 

 

自己主張する自分がいたり

 

 

 

認めてもらいたい自分がいたり

 

 

 

するのです。

 

 

 

 

 

でも、手段がなくても、

 

そもそも無条件の愛を受け取っています。

 

 

 

というか、無条件の愛の中から生まれてきたので

 

 

 

私たちそのものが無条件の愛の塊なんです。

 

 

 

 

 

頭の上に眼鏡をかけているのに、

 

眼鏡がないないと

 

必死に、周りを探しているのと一緒です。

 

 

 

 

 

誰かや何かのせいにしてきた被害者意識の自分を

 

どうぞ許してあげてください。

 

 

 

被害者になる必要なんてなかったのです。

 

 

 

求めているものは、

 

そのまま、自分だったのだから・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二話、完

 

 

 

被害者の自分

 

 

 

見つめて、会話する準備ができましたか?

 

 

 

さぁ、今から、ハートの空間に入って、

被害者意識の自分と会話をしていきましょう。

 

 

 

*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~

 

 

 

 

「 あなたは、

 

○○のせいで、

 

愛されなかったと思ったんだね。

 

 

 

でも、そこには、あなたの求めている愛はなかったんだよ。

 

 

 

○○のせいで、認めてもらえなくて悲しかったんだね。

 

 

 

でも、そこには、

 

あなたの求めている感覚(無条件の愛の感覚)はなかったんだよ。

 

 

 

 

 

勘違いして、

 

頑張るところを間違えちゃったね。

 

 

 

あなたの欲しいものは、

 

無条件の愛だよね。

 

 

 

調和と安心と、つながりの感覚が欲しかったんだよね。

 

 

 

 

 

産まれてくる前まで味わっていた

 

一つという感覚

 

 

 

何かをすることで、

 

手に入る感覚ではないんだよ・・。

 

 

 

 

 

そのまま、ここにあるんだよ・・。

 

よ~く観察してみて。

 

 

 

自分の内側を探してみて・・。

 

 

 

 

 

○○さんのこと

 

前の職場のこと

 

あの経験のこと

 

 

 

すべて、

 

それが原因で、

 

今、

 

不幸なんじゃないんだよ。

 

 

 

それが原因で、

 

満たされないわけじゃないんだよ。

 

 

 

偽物を追いかけていたんだよ。

 

 

 

○○さんが、変わっても、

 

 

 

謝ってくれても、

 

 

 

職場環境が改善されても、

 

 

 

組織体制が変わっても、

 

 

 

 

 

あなたの本当に求めているものは、

 

手に入らないんだよ・・。

 

 

 

 

 

さぁ、この必要のない感情を

 

握りしめている手を開いて、

 

地球にお返ししよう。

 

 

 

地球が、新しいエネルギーに変換して返してくれるから。

 

 

 

何十年も握りしめてきた

 

この必要のない感情、思考、ルールを

 

解放しよう。

 

 

 

お互いに偽物を求めて、奪い合ってきただけ。

 

○○してくれないから・・

 

○○がないから・・

 

条件付き愛を求めて、闘い続けた。

 

 

 

でも、

 

もうそんなことする必要ないということは、

 

わかったよね・・。

 

 

 

 

 

 

 

*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~*‘・‘~

 

 

 

 

 

Let it go

 

ありのままでいいのよ♪

 

 

 

日本全国で聞こえてきます。

 

 

 

そう、無条件の愛の感覚は、

 

ありのままでいることに鍵があります。

 

 

 

 

 

あなたの求めているものは、

 

無条件の愛

 

 

 

その手段として、

 

 

 

自己主張する自分がいたり

 

 

 

認めてもらいたい自分がいたり

 

 

 

するのです。

 

 

 

 

 

でも、手段がなくても、

 

そもそも無条件の愛を受け取っています。

 

 

 

というか、無条件の愛の中から生まれてきたので

 

 

 

私たちそのものが無条件の愛の塊なんです。

 

 

 

 

 

頭の上に眼鏡をかけているのに、

 

眼鏡がないないと

 

必死に、周りを探しているのと一緒です。

 

 

 

 

 

誰かや何かのせいにしてきた被害者意識の自分を

 

どうぞ許してあげてください。

 

 

 

被害者になる必要なんてなかったのです。

 

 

 

求めているものは、

 

そのまま、自分だったのだから・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第二話、完

 

Japan Energy-Body School
Japan Energy-Body School