辻麻里子さんの言葉

 

辻麻里子(2017年宇宙に帰還されたそうです。)さんは、

 

「22を超えてゆけ」

「宇宙からの羅針盤上・下」

などの著者です。

 

物語風に書かれていますが、

 

とても、詳しく、

見えない世界の法則が

書かれています。

 

とても大好きな本です。

 

そして、

私のEnergy‐Bodyセルフ調整講座の

技術の大きなヒントとなる知恵を

授けてくれた方です。

 

 

全ては、幾何学図形で表すことができる。

 

全ては、数字で出来ている。

 

春の図形、夏の図形、秋の図形、冬の図形

 

勇気の数字の図、知恵の数字図

 

この図形の上に、飲み物を置くと、

味が変わります。

 

とても楽しいです。

 

 

そして、

幾何学図形が表している意味が

とても美しくわかりやすく描かれています。

 

 

これから、

一つずつ紹介していきたいと思っています。

 

 

正六面体

 

正二十面体

 

正四面体

 

正八面体

 

正十二面体

 

です。

 

これらの幾何学図形は、

 

第一チャクラ(尾骨)

 

第二チャクラ(子宮)

 

第三チャクラ(太陽神経叢)

 

第四チャクラ(ハート)

 

第五チャクラ(のど)

 

を表す図形でもあります。

 

 

とても重要な5つの幾何学図形のことを

みなさんにも知ってもらいたいです。

 

 

また、

時間の概念を変えてくれた

1人でもあります。

 

時間については、

森田健さんや

雲黒済さん

ドランヴァロ

そして、岩尾先生

からも学ばせていただきましたが、

 

辻麻里子さんは、理系的に解説してくれた方でした。

 

興味のある方は、ぜひ読んでみて下さいね。