ルドルフ・シュタイナーの言葉

 

ドイツの神智学者、ルドルフ・シュタイナー

 

初めて知ったのは、

 

父から勧められた

子安美智子さんの

シュタイナー教育という本

 

読んで、芸術的なシュタイナー教育にも

とても魅力を感じました。

 

 

今でも、心に残っているシュタイナーの言葉は、

 

 

「自分を知りたければ、世界を観なさい。

社会を知りたければ、自分の内側を観なさい。」

 

とても深い言葉で、

人生の分岐点に来た時には、

いつも思い出す言葉

 

社会が荒れているのは、

自分の内側が荒れているから。

 

社会が平和だと感じる時は、

自分の内側が平和を感じているから。

 

 

自分の内側が孤独な時、

テレビでは、孤独なニュースばかり流れる。

 

自分の内側が満たされている時、

町では、笑顔の人達が目につきます。

 

 

 

今では、

悲しい出来事が起きた時、

 

自分の内側の異変に気づかなければと

すぐさま瞑想に入ったりするようになりました。

 

 

全ては、つながっている。

 

全ては、自分の想像から。

 

 

そんなことをいつも感じさせられる

わかりやすい言葉です。

 

 

 

 

ありがとうございます。